みんなの企画室#16 「コロルくんのなぞpart3」

主任 「今日もひっそり始まった当コーナーです」

課長 「コロポックルって何者、って話ですね」

部長 「コロポックル(アイヌ語: コㇿポックㇽ korpokkur)は、アイヌの伝承に登場する小人である。アイヌ語で、一般的には「蕗の葉の下の人」という意味であると解される。」

主任 「ウィキペディア棒読みしないでください。つまり北海道の伝説の小人なんですね。」

課長 「コロルくんの世界では妖精とされています」

主任 「絵本にも出てきます」

部長 「彼らは何をしているんだろうと」

課長 「北海道の自然を見守ってるんです」

主任 「魔法的なものも使えますけど」

部長 「彼らが季節を変えてるのか」

主任 「いやそこまでは。」

課長 「基本的には自然を見守る役目ですね。四季や山や海の恵みが今年もたくさんありますように、と」

主任 「バランサーってやつです」

部長 「難しいけど要するに、この先我々の大人の都合でいろいろ変わるかも、と」

課長・主任 「そうです」

部長 「言い切った」

主任 「わかっているのは彼らがアオッコ・オレッコという名前である事」

課長 「北海道の動物たちと意思の疎通が出来る事」

部長 「じゃあ人間との通訳的な」

主任 「でも基本、人間には見えませんからね彼らは」

課長 「女の子は特別なんです」

部長 「この女の子にもずいぶん秘密があるんだな」

主任 「秘密ってほどではないですけど。純粋な心がないと見えないんです」

課長 「妖精ですからね」

部長 「コロポックルはこの2人だけなのか」

課長 「いえ基本的に14人います」

部長 「14人・・・」

主任 「それぞれの持ち場にいます」

部長 「持ち場?」

課長 「これなかなか北海道民でも気づかない数字じゃないですかね」

部長 「地域・・?」

課長 「ですね。北海道には14の区分けがあるんです」

部長 「これ道外の人あまりピンと来ないのでは・・・」

主任 「道民でもそれほど意識しないですからね」

課長 「とにかくコロポックルは全道にいると」

部長 「それって、いつか登場するの」

主任・課長 「未定です」

部長 「言い切った」

 

次回につづく

main-A
企画室メニューに戻る